<strong id="olw9v"></strong>

  • サウンド?ライブ?トーキョー ロゴ
    会期 2012年10月26日から28日まで
    東京文化発信プロジェクト
    ホーム
    サウンド?ライブ?トーキョーについて
    スケジュールとアクセス
    チケット情報
    お問い合わせ
    2012
    2013
    2014
    2015
    2016

    Videographer: Kazuomi Furuya

    プロジェクト?アンダーク ディーター?メビウス 10月27日 18時

    ↓↓↓Scroll down for English↓↓↓

    Project UNDARK

    Phew(ヴォーカリスト)と小林エリカ(作家?漫画家)によるユニット。トラックをディーター?メビウスが担当。1910年代にUnited States Radium社の工場で時計の文字盤に夜光ペイントを施す作業を行ない被曝した女性工場労働者たちの記憶を召還する『Radium Girls 2011』をリリース。今回がディーター?メビウスを交えての初ライブ?パフォーマンスとなる。

    ゲスト出演:後藤まりこ|ヴォイスサンプル?エフェクト:長嶌寛幸|映像協力:boid、樋口泰人、内堀彰子、kvina|衣装:FOR flowers of romance / la fleur

    Phew

    1978年にパンクバンド「アーント?サリー」でデビュー。1980年に坂本龍一と『終曲/うらはら』を制作。1981年にコニー?プランクのプロデュースで『Phew』を発表。数年間活動を休止した後、『View』(1987)、『Songs』(1991)、『Our Likeness』(1992)を発表。NOVO TONO、Phew Unit、山本精一とのデュオ、Big Picture、MOSTなどでの活動を経て、15年ぶりのソロアルバム『Five Finger Discount』を2010年にリリース。ヴォーカリストとして日本のインディペンデント?シーンにおいて唯一無二の個性を発揮し、CAN、DAF、アインシュテュルツェンデ?ノイバウテンのメンバーやジム?オルーク、ビル?ラズウェル、アントン?フィアーなど海外のアーティストとのコラボレーションも多い。

    小林エリカ

    1978年生まれ。作家?漫画家。2008?2009年、アジアン?カルチュラル?カウンシルの招聘でニューヨークに滞在。著書に小説『空爆の日に会いましょう』、詩をモチーフにしたコミック『終わりとはじまり』(共にマガジンハウス)など。近著はアンネ?フランクと実父の日記をモチーフにした『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)。2010年春にkvinaメンバーらと共に日本語?英語?エスペラント語のセルフ?パブリッシングのプロジェクト「LIBRO de KVINA」を立ち上げる。Webコミック『光の子ども』連載中。

    ディーター?メビウス

    ハンス?ヨアヒム?ローデリウス、コンラッド?シュニッツラーと1969年に「Kluster」を結成。シュニッツラーの脱退後名称を「Cluster」に変更。ミヒャエル?ローターを加えたユニット「Harmonia」ではブライアン?イーノとも共同作業。Cluster、Harmonia、Rother & Moebius、ソロなどの形態で数多くの先鋭的な音源を発表し世界中をツアー。常軌を逸した電子音響を作り出し、ジャーマン?エレクトロニック?ミュージックの先駆者の一人として、現在も多くのアーティストをインスパイアしている。

    後藤まりこ

    大阪府生まれ。2003年結成のJAZZ PUNKバンド「ミドリ」のギターと歌を担当。2010年末、後藤まりこ本人より突如解散を宣言。12月30日のLIQUIDROOMでのライブを最後にミドリは解散。2011年末、解散より1年振りとなる自主企画を渋谷O-Eastにて開催し「復活宣言」。2012年、ソロ名義で本格活動を開始。ロック?ミュージカル『ヘドウィグ?アンド?アングリーインチ』出演中。


    Project UNDARK

    A unit formed by Phew (vocalist) and Erika Kobayashi (writer, cartoonist). Dieter Moebius makes the tracks. Released Radium Girls 2011 that summons the memory of female workers who contracted radiation poisoning from painting watch dials with glow-in-the-dark paint at the United States Radium Corporation’s factory in the 1910s. This is the first live performance of the unit with Dieter Moebius.

    Guest appearance: Mariko Goto | Voice sampling and effect: Hiroyuki Nagashima | Cooperation (video): boid, Yasuto Higuchi, Akiko Uchibori, kvina | Costume: FOR flowers of romance / la fleur

    Phew

    Debuted in 1978 with the punk band “Aunt Sally.” She worked on Finale/Urahara with Ryuichi Sakamoto in 1980 and released Phew produced by Conny Plank in 1981. After a pause for several years, she released View (1987), Songs (1991) and Our Likeness (1992), and then worked in various forms including NOVO TONO, Phew Unit, duo with Seiichi Yamamoto, Big Picture and MOST. In 2010 she released Five Finger Discount, her first solo album in 15 years. The most distinctive vocalist in the Japanese independent scene, she has also collaborated with a number of overseas artists including members of CAN, DAF and Einstürzende Neubauten as well as Jim O’Rourke, Bill Laswell and Anton Fier.

    Erika Kobayashi

    Born in 1978. Writer and cartoonist. Stayed in New York as a grantee of Asian Cultural Council from 2008 to 2009. Among her publications are a novel See You on the Bombing Day and comics with poems as their motif The End and the Beginning (both from Magazine House). Her latest book Your Dear Kitty, with Anne Frank and her father’s diary as its motif has been published from Littlemore. She established a Japanese/English/Esperanto self-publishing project “LIBRO de KVINA” with the members of kvina in 2010, and the Web publication of her comics LUMINOUS is ongoing.

    Dieter Moebius

    Formed “Kluster” with Hans-Joachim Roedelius and Conrad Schnitzler in 1969. After Schnitzler left, they changed the name to “Cluster.” Their other unit “Harmonia” inviting Michael Rother also collaborated with Brian Eno. He has released a number of innovative recordings and toured around the world in the forms of Cluster, Harmonia, Rother & Moebius as well as solo. Creating eccentric electronic sound, he has been inspiring a lot of artists as one of the pioneers of German electronic music.

    Mariko Goto

    Born in Osaka. The vocalist and guitarist of the jazz punk band “Midori” that was formed in 2003. She suddenly declared at the end of 2010 that the band would break up, and it performed for the last time at LIQUIDROOM on December 30. She came back with her own project at O-East in Shibuya at the end of 2011, and started extensive solo activities in 2012. She has been performing in the rock musical Hedwig and the Angry Inch.

    捕鱼千炮