<strong id="olw9v"></strong>

  • サウンド?ライブ?トーキョー
    2013年9月21日から10月6日まで
    東京文化発信プロジェクト
    ホーム
    開催概要
    スケジュール
    アクセス
    チケット情報
    お問い合わせ
    2012
    2013
    2014
    2015
    2016

    ↓↓↓Scroll down for English↓↓↓

    「ラジカセ?メロトロン化計画」
    サウンド?ライブ?トーキョー?フリンジ参加プログラム
    企画?制作:VACANT

    1950年代に発表されて以来、ミュージシャンに愛され、数多くの楽曲に使用されてきた楽器「メロトロン」。今回のプロジェクトでは、家電蒐集家?松崎順一(Design Underground)とガジェット開発者の小林ラヂオによる、「テープ音源を再生するオルガン」として開発されたメロトロンを再解釈?構築する「ラジカセ?メロトロン化計画」の制作を行います。キーボードによって複数台のラジカセをコントロールする巨大音楽装置「ラジカセ?メロトロン」の初公開を含めたサウンド?インスタレーションを、アーティスト/エンジニアである堀尾寛太が構成。さらに、スペシャルゲスト?嶺川貴子を迎えて、ラジカセ?メロトロンを「演奏」するスペシャルライブも開催します。

    松崎順一
    家電蒐集家、Design Underground主宰。東京?足立区をホームグラウンドとして、2003年より1970年代以降の近代家電製品を主として、日々国内?海外を問わず近代家電製品(主にラジカセ)の蒐集?整備?カスタマイズや、家電を使用したイベント企画?ラジカセを使用した展示などをおこなう。主な著書に写真集『ラジカセのデザイン!』(青幻舎)、そのDVD版がユニバーサル?ミュージックより発売中。2013年『メイド?イン?ジャパンのデザイン! 70年代アナログ家電カタログ』(青幻舎)を発刊。

    小林ラヂオ
    エレクトリックアバンギャルド集団。1991年横浜で創業し、現在は渋谷をベースに、テクノロジークロスオーバーなガジェットの企画?制作をおこなう傍ら、イベントやプロジェクトのテクニカルエンジニアとしても活動する。使用するガジェットはブザーからマイコンボードに限らず、割箸から鉄骨、輪ゴムから内燃機関など多岐にわたり、その用途も音楽や映像の範疇にとどまらず、前人未踏の開発を日々おこなっている。

    堀尾寛太
    アーティスト、エンジニア。音、光、運動、位置などさまざまなエネルギーを相互に変換する装置を作り、ライブや展示をおこなう。また、電子デバイスのエンジニアとして、コマーシャルな展示?映像?プロトタイピングなどのプロジェクトに参加している。主なプロジェクトに『sun and escape』(大阪築港赤レンガ倉庫、2005)、『round trip+EM#3』(Sónar - MACBA、2006)、『Sony Tablet Two Will』(2011)、DVD『viewKoma2』(2011)、『speed switching』(2011、NTTインターコミュニケーションセンター)など。

    嶺川貴子
    1995年『CHAT CHAT』でデビュー?!篗axi On』など国内外で8枚のアルバムを発売。その後『細野晴臣トリビュート?アルバム』での坂本龍一との『風の谷のナウシカ』カヴァーや『PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-』などコンピCDへの参加が続く。そして今年5月に約13年ぶりとなるアルバム『Toropical Circle』を元PONYTAILのギタリスト、ダスティン?ウォングとの共作として発表。

     


     

    “Boombox-Mellotron Project”
    A Sound Live Tokyo Fringe program
    Produced by VACANT

    The Mellotron is an instrument that was invented in the 1950s and has been admired by musicians and used for a number of songs. We produce the “Boombox-Mellotron Project,” where a home electrical appliance collector Junichi Matsuzaki (Design Underground) and a gadget developer Kobayashi Radio reinterpret the structure of the Mellotron, a tape replay organ. They construct “Boombox-Mellotron” of which keyboards control multiple boomboxes, and an artist / engineer Kanta Horio creates a sound installation where the Boombox-Mellotron is introduced to the public for the first time. We also present a special live Boombox-Mellotron performance featuring a special guest artist Takako Minekawa.

    Junichi Matsuzaki
    Home electrical appliance collector and the representatative of Design Underground. Since 2003, based in Adachi Ward, Tokyo, he has been collecting, maintaining and customizing Japanese and foreign modern home electrical appliances, mainly boomboxes, and also organizes events using home electronics and exhibitions using boomboxes. Among his publications are a photobook Japanese Old Boombox Design Catalog (Seigensha, 2009), of which DVD version has been released from Universal Music Japan, and Made in Japan no Design! 70s Analog Home Electronics Catalog (Seigensha, 2013).

    Kobayashi Radio
    An electric avant-garde group established in Yokohama in 1991. Currently based in Shibuya, they design and produce technology-crossover gadgets and work as technical engineers for events and projects. The gadgets that they use are diverse — buzzers, microcomputer boards, disposable chopsticks, iron construction materials, rubber bands and internal combustion engines — and designed not only for music and video but also for unprecedented usages.

    Kanta Horio
    An artist / engineer that creates devices to convert various forms of energies, such as sound, light, movements and positions, between each other for live performances and exhibitions. He also takes part in commercial projects of exhibitions, moving images and prototyping as an electrical device engineer. Among his projects are sun and escape (Chikko Red Brick Warehouse in Osaka, 2005), round trip+EM#3 (Sónar - MACBA, 2006), “Sony Tablet Two Will” (2011), viewKoma2 (DVD, 2011) and speed switching (NTT InterCommunication Center, 2011).

    Takako Minekawa
    Debuted in 1995 with CHAT CHAT, and has released eight albums including Maxi On in Japan and internationally. After taking part in several compilation discs such as Tribute to Haruomi Hosono in which she covered the theme of Nausica? of the Valley of the Wind with Ryuichi Sakamoto and PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-, she released the first album in 13 years Toropical Circle, a collaboration with Dustin Wong, the ex-guitarist of PONYTAIL.

     

    捕鱼千炮